にんにくの摂取で脂肪の燃焼が促進され、中性脂肪が減る効果を知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

にんにく

アリインという物質

美味しいけれど臭いが気になるニンニクは、 使い方次第ではとても有能な料理の見方となってくれます。 その使い方は様々で、生のものをそのまますりおろしたり、薄切りやみじん切りにして料理に加えるなどです。 イタリアンではオリーブオイルとの相性が際立っていますね。 ニンニクに含まれているアリインという物質がとても注目されています。 アリインには、中性脂肪を減らす働きがあると言われています。

実はこのアイリン、あのにんにく特有の臭いの主成分なのです。 食事の中でアリインを摂取することで、脂肪の燃焼が促進されてサラサラの血液になります。 そのおかげでコレステロール値も下げることでき、中性脂肪も減少します。 となると、できるなら調理の際にアリインを損なうことは避けたいですね。 アイリンを損なわずに摂取できる方法は、最初にニンニクを蒸しておくことです。 蒸した後に、酢漬けにしたりサラダにしたり、塩をるなどしてそのまま食すと良いそうです。

栄養満点の上に中性脂肪も減らしてくれる

ニンニクは栄養満点の上に、中性脂肪も減らしてくれるという有能な食材です。 体に脂肪がつきにくくなりますから、肥満予防にもピッタリです。 他には、ニンニクのオリーブオイル漬けという方法があります。 このオリーブオイル、実は中性脂肪を減らす効果があります。 ニンニクと一緒に使うことで、更なる効果が期待できます。 ニンニクのオリーブオイル漬けの作り方は簡単です。

まず、ニンニクの皮を剥いてカットします。 それを、オリーブオイルの中に入れるだけです。 コツとしましては、漬ける瓶の半分くらいまでニンニクを入れると良いでしょう。 納豆にニンニクを入れて食べるのもおすすめします。 これらを一緒に食べることで、有効成分の身体への吸収がスムーズになってくれます。 オリーブオイル同様、納豆にも中性脂肪を減らす効果があります。 納豆とニンニクも、とてもよい組み合わせなのです。 ニンニクと合わせることによって、納豆の気になる臭いも抑えられて一石二鳥ですね。 ニンニクが嫌いな方はどうしようもありませんが、ニンニク好きな方はぜひこれを試してみましょう。

食生活の改善

食べ過ぎ

中性脂肪値が高いと診断されて、中性脂肪を減らすことを考え始めたとしましょう。 そこで辿り着くのが食事制限ですが、一番大切なことは「腹八分目」にするということなのはご存じでしょうか。 深夜などの変な時間帯に食事を摂る、早食いをする、お腹いっぱいになるまで食べ過ぎる、 1日1食や2食などのまとめ食いをする、テレビを見ながらなどの「ながら食べ」をするなどの心当たりはないでしょうか。

可能なら、寝る2時間前は何も食べない方が良いでしょう。 もちろん、甘いジュースなどは飲まないようにしてください。 仕事で遅くなったからと、深夜にラーメンなどを食べてそのまま寝るというのは、とても残念なことです。 体内で食べたものが消化されないまま眠ってしまったら、それは全て脂肪として蓄積されるのです。 アルコールも中性脂肪にとっては良くないものです。 適量ならは体に良い物ですが、飲み過ぎは禁物です。 飲みすぎたアルコールは脂肪となって体に蓄えられます。 それは中性脂肪の増加の大きな原因といえるでしょう。

とても大切なのは毎日の食事 ポイント

中性脂肪を減らしたい、その逆の増やしたいといったコントロールを希望している場合、 とても大切になるのはやはり毎日の食事でしょう。 たくさん食べれば、当然のことながら中性脂肪もたくさん増加します。 それが肥満へと繋がっていきます。 だからといって、知識のない無茶なダイエットは感心しません。 1日に1回や2回の食事は、ダイエットには不向きです。 食事は1日3食が基本でして、その3度の食事で栄養バランスと摂りつつ、腹八分目まで食べるように心がけてください。

多忙のために朝食を抜くといった方が増えているようです。 けれども、朝食は1日のスタートです。 何も食べずに一日を始めるということは、やはり体にも精神的にも好ましくありません。 たとえバナナ1本だけでも、他の物でも良いので果物を取り入れていきましょう。 果物は朝、もしくは昼に食べるのがおすすめです。 夜食べると糖分が消化しきれず、それは脂肪へと変化します。 毎日の食事は、魚と野菜が中心で時々お肉といったおかずを心がけましょう。 ご飯はお茶碗に1杯軽くというのが理想的です。 お腹が空いたから間食をするのも良くありません。 これらのことに気をつけながら、毎日の食事に取り組んでください。ちょっとした気配りで大きく健康が変わってくるのです。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識