中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識をまず学びましょう

サイトマップ

トップバナー

中性脂肪について

これをご覧の方は中性脂肪を効率的に減らす方法をご存知でしょうか?健康診 断で突然「中性脂肪が高い」と言われ、初めて中性脂肪を意識する人がほとんどなのが現状です。しかし中性脂肪が高いというのは恐ろしいことになりかねません。ですので、ここでは中性脂肪を減らす方法をいくつかご紹介 していきます。まず、中性脂肪が高い状態だとさまざまな病気の原因になります。糖尿病や動脈硬化の原因となることもも多く、命に関わることにもなりかねないのです。

もともと、中性脂肪は、お腹周りについていて私たちの体の臓器を守ったり、空腹時にエ ネルギー源になるものです。ただし、食 事の後、12時間以上後も、中性脂肪が血液中に150mg以上の場合、高中性脂肪血症とい う状態になります。中性脂肪の値が、150mg~300mg程度なら軽症なので、栄養指導を受けて、脂肪値を減らす食事を摂っていけば正常 値に近づくことができます。ただ、300mg~600mgでは中等症で、600 mg以上だと重症と位置づけられます。このレベルだと、中性脂肪を減 らす方法で本格的に治療を開始しなければならなくなります。

太った人
中性脂肪は2種類

中性脂肪には、粒子が大きいタイプ、粒子が小さいタイプの2種類があります。 中性脂肪を効率的に減らすには、大きい方を減らす方が全体として中性 脂肪を多く減らすことができます。大きいタイプは、食事で量が変わ るので、食事のバランスを考えることが重要なポイントになります。

和食
食事を見直していくこと

これに対して、小さいタイプは、体が消費しきれなかった残りのエネルギーを肝臓で中性脂肪に変えて蓄えるもの、という のが基礎的知識です。重症に至るまでに、どちらにしても、早い段階で中性脂肪を減らすために、食生活を改善していく ことが中性脂肪率を落とし健康になるための近道なのです。

その2減らすといい食材

お酒

中性脂肪を効率的に減らす方法と言っても、ただ食事量を減らせ ば中性脂肪が減るわけではありません。体によい食材は少し量を減らす程度で 食材自体の数を減らさずに中性脂肪を減らすことができます。ここでは減らした方がよい食材をご 紹介致します。ご自身の食事を見直す参考にして頂けると幸いです。

<お酒> お酒をよく飲む人は、高脂血症になる確立が高 まります。お酒そのものがそのまま中性脂肪になるわけではありません。 ただ、お酒を飲むと、体中でアルコールを分解する際に脂肪の合成に必要な酵素を作りだ出します。 また当然、肝臓に負荷がかかり、小さいタイプの中性脂肪が肝臓に増えます。結果的に、大きいタイ プの中性脂肪も分解されにくくなり、体の中に中性脂肪が増えるのです。お酒と中性脂肪のこの関係を まず理解しておきましょう。

可能な限り量を減らしていくことが望ましい

<砂糖> 次の中性脂肪を効率的に減らす方法は砂糖についてです。砂糖 にはショ糖が含まれています。これが中性脂肪を作る材料なので、できるだけ量を減らしていくことが望 ましいです。特に甘いジュース、お菓子には特に砂 糖が入っているので避けた方がよいです。

ポイント <果物>また、果物にも果糖という糖分が含まれています。これも中性脂肪を 増やす原因となります。ただ、果物には、体 に必要なビタミンC、食物繊維、ミネラルなども多く含まれているので、まったく食べないのではなく、適量を保つことが大切 なのです。普段は何も考えずに食べている食べ物を、意識して減らすようにをするだけで、中性脂肪を 減らすことができるのです。好きな食材の場合、食べる量を減らすことは初めのうちは多少苦痛に なるかもしれませんが、少し経てば楽になりますので、できる範囲から試してみると良いでしょう。すぐに全てを行ってしまうと継続できません。 そして継続できなければ意味がありませんので、少しづつ行うことが大事なのです。焦って色々はじめたくなるのはわかりますが、 一度に手を付けると続けにくく、あきらめやすいのです。


https://www.realmediajapan.com/cont/posting-tokyo.html
 


その3肉と中性脂肪

ローストビーフ

次の中性脂肪を減らす方法で、1週間で3~4日は中性脂肪を減らすの に効く魚料理を食べることがよいですが、1週間のうち2~4日は肉料理を食 べることも大切です。肉は良質なたんぱく質が豊富に含まれ、これらも中性脂肪を減らすのです。

食事で肉を食べるときは、脂肪分が少ないヒレ肉、モモ肉などの赤味を食べるようにすることが、中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識として大切です。脂肪分が大量についている肉は、調理の時に脂肪部分を切り落とすようにしましょう。理想的な肉の調理法は、脂を効率的に落とすことができる「蒸す」方法だということも知っておきましょう。

「茹でる」という調理法

肉を食べても、中性脂肪を減らす方法の一つとして、網で焼くという方法があります。フライパンで焼くと肉の脂も吸収しますが、網焼きなら余分な脂分は網の下に落ちてくれるます。「茹でる」という調理法も、中性脂肪を減らすのに役に立ちますが、茹でる時の注意点で、水面に浮いた脂肪をちゃんと取り除きましょう。炒め料理の場合は、可能な限り油を使用しないか、少量で炒めるように心がけることが大切です。

ポイント 肉を調理するときの、中性脂肪を減らす方は、最初に軽く湯通しして、炒めるなど調理を工夫するとさらに余分な 脂が落ちていくのでよいです。また、肉料理では、野菜を多く使い、肉と一緒に野菜をたくさん食べることも中性脂肪を減らすことにつながります。野菜を食べること自体が中性脂肪を減らすのに大切なのです。ただ、野菜だけ、というのは調理方 法にも限界があります。そこで肉と合わせ、両方を一度に食べられるように、さらに野菜はたくさん食べるように工夫すると、中性脂肪を効率的に減らすことができるのです。ただ、揚げものは、肉が油をたくさん吸っていて、最もダメな調理法になり ます。揚げものは避けるようにしましょう。肉をどうしても食べたいのであれば、肉を蒸して調理するのが一番、脂を落とすのに 効果的だといわれていますので、肉をたべる際にはこの方法で食べるとよいでしょう。蒸すことが一番脂を落とすのに効果的だと いうことはあまり知られていないので、是非中性脂肪を効率的に減らしたい方は日常で実践しましょう。 毎食少しずつでも脂分を落とすことで、一日のトータル、そしてそれが積み重なった月のトータル量はとても大 きくなるのです。実際に脂肪の模型など見てみるとわかるのですが、物凄い量なのです。病院などでサンプル を出しているので、そちらを見るとよいでしょう。そういったものを見だけでも、少し食欲が減りますのでちょっとした ダイエット効果があるかもしれませんよ。毎日に換算するとほんの少しでも、それが一か月、一年となるとかなりの量の差になりますので 大きな違いになります。一日のカロリーが100キロカロリーの違いでも、1か月で3000キロカロリーという大きさ差になるのです。

その4黒酢で中性脂肪を減らす

黒酢

健康に良いと多くの人から注目を集めている「黒酢」。サプリメントにも黒酢を含んだものが沢山あります。この黒酢も中性脂肪を効率的に減らす方法として役立つことを基礎的知識として知っておきましょう。黒酢は玄米を発酵、熟成させたもので、必須アミノ酸やビタミン、 ミネラル分、クエン酸などが豊富に含まれています。

黒酢を摂取することで、血液をサラサラにし、血圧を正常にし、血糖値を抑え、中性脂肪、コレステロールまで減らすことができるのです。つまり、中性脂肪を減らす方法として、黒酢も大いに役立つのです。一般的に使用される料理酢との違いは、色、におい、原料、製造方法などがあります。 通常の米酢は4ヶ月程度で製造されますが、黒酢は熟成期間に半年から3年かけるので、通常の米酢よりまろやかで、先の説明の通り、栄養素もさらに豊富に入っています。

黒酢

ここで、中性脂肪を効率的に減らす方法である黒酢の他の効果の基礎的知識を見てみましょう。
・血液をサラサラの状態にする。
・抗酸化作用が強く体が酸化するのを防ぐ効果がある。
・血行不良を回復させ、体の疲労を回復させる効果がある。
・大腸がんの予防効果にも期待できる。
・脂肪燃焼を促進、ダイエット効果もある。
・心筋梗塞、脳卒中の予防にもつながる
次に黒酢を使った中性脂肪を効率的に減らす方法の摂取方法の基礎的知識を見てみましょう。
・水、ジュースなどで割って飲むこと。
・1日の摂取目安量は大さじ1杯から2杯、30ml程度の水、またはジュース等で割って薄めて飲むこと。
・食事に使う際は、仕上げの味付けの際に、オイスターソース、または、その他の調味料と黒酢も加えてからめる。

見てもわかるように、とても簡単で、体に役立つ料理になるのです。ただし今飲んでいる薬がある場合などは、そのお薬のと関連も できてきますので、医者に確認してからにしましょうね。特に持病をお持ちの方は、普通の人の身体にはよくてもその人に とっては病気に悪影響を及ぼすこともあるのです。


http://osaka-mens-datsumo.com/info-total.html
http://datsumou-datsumou.com
https://www.posting.company/


その5大豆で中性脂肪を減らす

大豆

次の中性脂肪を効率的に減らす方法は、大豆を上手に食事に取り入れることで、中性脂肪を減らす方法です。大豆には大豆たんぱく質と呼ばれるものがあり、この成分により中性脂肪を効率的に減らすことができます。また、大豆には「グリニシン」と「β-コングリシニン」と呼ばれるたんぱく質があります。これらも中性脂肪を減らす効果があります。

大豆を使って中性脂肪を減らす方法、大豆が含まれている食材として、豆 腐、納豆、油揚げ、きな粉、ミソなどを知っておく必要があります。ある実験で、ある人が豆腐を3ヶ月間食べ続けたところ、豆腐を食べていない人と比べて中性脂肪の量が20%近く減 っていたという結果がでました。つまりそれだけ、大豆は中性脂肪を減らす方法として効率的ということが証明されたのです。

理想的な摂取量

理想的な摂取量は、大豆を100g、豆乳ならば1000ml、豆腐ならば2丁半です。しかし、これはい くら、中性脂肪を減らすとはいえ、大量で、毎日これだけの大豆を食事で摂取する のは困難なので、サプリメントと合わせて、上手に取り入れてい くようにすることが大事です。

ポイント 中性脂肪を効率的に減らす方法として、大豆が含まれている食材を積極的に食べることが効果的で健康にもよ いのはご説明した通りです。大豆には他にも多くの栄養素が含まれているので、体にとって嬉しい栄養素を同時に 取り入れることができるのです。意識的に食事に取り入れていくことで、中性脂肪を減らす以外 にもさまざまな病気をやっつけることができるのです。 病気予防やすでに病気の人にも効率的に働いてくれるのは 嬉しいいですよね。ただ病気の人は食事制限などもある場合があるので、念のため主治医によ く相談してからにするようにしましょう。この病気にはよくても、この病気にはよくない、といった組み合わせも 大切になるのです。病気によっては、どれもダメ、という場合も多くありますので、体のためにしっかり 知っておく必要があります。自分の悪い臓器と組み合わせなどもしっかり理解した上で、大豆を取るようにしましょう。 必ず主治医やお医者さんに相談してからにしましょう。素人判断は厳禁です。特にご高齢の方は複数の病気を 抱えていることが多いので特に注意です。これもあればダメと診断されることも多いので、何件かまわって 一番自分に合う所にしましょう。時間はかかりますが、自分に大丈夫なものをしっかりさがす必要があります。


https://www.sougi-sos.com/saijou/tokyo/
http://lozelhomme.com/
https://www.katou-dent.com/


その6とろろ昆布で中性脂肪を減らす

昆布

最後の中性脂肪を効率的に減らす方法は「とろろ昆布」です。昆布には、食物繊維やミネラル分が豊富に含まれています。とろろ昆布というのは昆布を酢漬けにし、表面を柔らかくしてから削ったものです。とろろ昆布は、他の昆布と違い煮炊きをしないので、優れた栄養素が流れ出ず、栄養素をそのままとどめて中性脂肪を効率的に減らす食材として良いとされています。

水溶性の食物繊維は体中に吸収されやすく、中性脂肪を減らすのに効率的です。そしてとろろ昆布はこの水溶性の食物繊維が豊富というところがポイントです。通常の昆布にも成人病の予防に効果がある成分が含まれています。しかし通常の昆布より、さらに効率的に中性脂肪を減らすのにとろろ昆布は役立つのです。ただ、とろろ昆布だけを食べないよう注意しましょう。基本はあくまで、栄養が偏らない食事を摂り、そこにとろろ昆布を加え、例えばご飯にのせて食べたり、汁物にするなどして食べるようにすることが大事です。とろろ昆布だけに頼らないようにしましょう。

とろろ昆布を使った料理

さて、他にとろろ昆布を使った料理をご紹介致します。
・大根と混ぜて、サラダにして食べる。
・ハンバーグに混ぜて食べる。
・肉の上に昆布を巻いて揚げて食べる。
・白身魚の上にとろろ昆布をのせ、一緒に蒸すして食べる。
・冷ややっこにのせるて一緒に食べる。
・うどんに入れるて一緒に食べる。

ポイント とろろ昆布は中性脂肪を効率的に減らす方法としても良いですが、 料理の食材に、入れる、のせる、加えるだけなど、ほんの一手間だけで かんたんに摂取できるので便利です。とろろ昆布自体が値段が安いですし、 味にもクセがないので、好き嫌いが激しい人でも食べやすい食材というのも利点です。 上記のように肉に合わせても、サラダに合わせても、蒸してもOKというとろろ昆布は中性脂肪を 減らす努力をしている人にとって大きな見方になってくれます。栄養価も高いことで有名ですので、とろろ昆布は万能と言えます。 ここまでご紹介した中性脂肪を効率的に減らす方法が皆様の お役に立てれば幸いです。