様々な疾患予防の為に中性脂肪の基準値の測定が大事であることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

中性脂肪の基準値

中性脂肪の測定

中性脂肪で何がわかるのでしょうか。 中性脂肪の測定は、狭心症、心筋梗塞、脳卒中等の動脈硬化性疾患を予防するために測定します。 この値が高いと動脈硬化の危険度が高く、 低い場合には栄養障害やそれを引き起こす病気へと繋がることが前提とされます。 では、中性脂肪はどのように測定するのでしょう。 それは、血液から酵素の試薬を使って検出します。難しい検査だと思われがちなのですが、実は そんなにむつかしくなく、その日に血液検査でわかってしまう程度の検査なのです。

検査は早朝空腹時に行うことが多い

中性脂肪の基準値は30~149mg/dlです。 注意して欲しいのは、中性脂肪の測定は一回だけではなく何度か行うことをお勧めしてます。 中性脂肪値は食後30分ぐらいから上昇し始め、4~6時間後に最も高い値になります。 測定する状況や時間によって大きく変動するため、検査は早朝空腹時に行うことが多いです。 検査結果の判定は、日本人間ドック学会の判定基準に従って行われています。 中性脂肪値が150~249mg/dlだと要経過観察、250mg/dl以上だと精密検査もしくは要治療となっています。

中性脂肪値が高いと、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。 中年以降の肥満男性に多く見られる病気です。 中性脂肪だけでなくコレステロール値も高ければ、動脈硬化症や糖尿病、甲状腺機能低下症やクッシング症候群などの可能性もあります。 中性脂肪値が1000mg/dl以上ですと、急性膵炎を起こしやすいので治療が必要となるでしょう。 逆に中性脂肪が低値の場合、肝臓病やアジソン病、甲状腺機能亢進症などの可能性があります。

異常があった時の改善法

禁酒

中性脂肪値が高値を示した場合、ほとんどの場合が肥満や食べすぎ、運動不足、飲酒などが原因となっています。 酷くなりますと、心筋梗塞や脳血管障害、動脈硬化症などの命にかかわる病気の原因となります。 早期に家庭での中性脂肪のコントロールをすることをお勧めします。 もし飲酒している方は、まずはお酒の量を減らしていきましょう。 できれば禁酒が望ましいですが、始めは週2回くらいの節酒から始めて行きましょう。

運動する習慣をつける ポイント

肥満や運動不足の場合は、運動する習慣をつけていきましょう。 炭水化物や脂肪の多い食事を減らす、控えるといったことでほとんどが改善に向かいます。 こういった正しい食生活を心がけるだけで、中性脂肪を約30%も減らすことが可能です。 もし中性脂肪が高値の場合、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、甲状腺機能低下症、 クッシング症候群、肥満、肝障害などの可能性が出て来ます。 低値の場合は甲状腺機能亢進症、肝臓病、アジソン病、栄養障害などが考えられます。 高すぎても、低すぎても問題なこの中性脂肪の値をうまくコントロールするには、 常に自分の食生活と運動のバランスが取れているかどうかを知っておくことが重要なのです。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識