中性脂肪を減らす方法に効果的な食事方法になる野菜料理について学びましょう

サイトマップ

トップバナー

おすすめ野菜料理

野菜中心の野菜が多い食事

中性脂肪を減らすのに効果的な食事というのは、つまり野菜中心の野菜が多い食事となります。 けれども、ベジタリアンでもない限り、野菜しか食べないというのは辛いものです。 毎日の食事でアレンジしやすいような野菜料理をいくつか紹介していきましょう。 日々の食事に1品は野菜料理を加ええうことが望ましいです。 それは中性脂肪を減らすことに繋がっていくでしょう。

まずはサラダです。 野菜をたくさん摂ることができ、しかも簡単にできる料理です。 血液をサラサラにしてくれるタマネギを使うことをおすすめします。 他には、健康食材の大根や食物繊維の豊富なアスパラなどもよいですね。 普通の野菜サラダでも十分なのですが、さらにワカメを入れるとよいでしょう。 海藻類もサラダに使うことができますので、より効果的に中性脂肪を減らせます。

食物繊維が豊富な「きのこ」

次はきのこ入り野菜炒めです。 油を使用して炒める野菜炒めは、実は頻繁に食べるのは好ましくありません。 だからといって、食べることがとても良くないというわけでもありません。 とにかく、バランスよく様々な食材を取り入れることが大事です。 そこでいつもの野菜炒めに、食物繊維が豊富な「きのこ」を加えてあげることをお勧めします。 きのこを入れることで、中性脂肪を減らす効果が高まります。

注意して欲しいのは、炒める際にオリーブ油などの植物油を使うようにしましょう。 もしできるのなら、お肉の代わりに鮭などの魚に置き換えると、更に良いですね。 最後は鮭のホイル焼きです。 鮭には「EPA」「DHA」がたくさん含まれていますので、中性脂肪を減らすのにとても良いです。 ホイルに鮭を乗せ、たまねぎやきのこ類を入れてレモン汁をしぼってください。 そしてホイルを包み、蒸してあげましょう。 仕上げはポン酢などの、さっぱりとした味付けにするとより効果的ですね。

おすすめパスタ

パスタ

炭水化物は中性脂肪を減らすのに、あまり好ましくないとされています。 つまり、炭水化物だらけのパスタは良くないイメージが出来てしまいます。 ですが、頻繁に食べ続けなければそんなに気にしなくても大丈夫です。 もし食べたいのでしたら、パスタの具材選びに気を使うようにしてみてください。 中性脂肪を減らすような効果のある具材がよいでしょう。 脂分を多く含んでいるベーコンやソーセージなどは、避けた方が無難でしょう。

一番おすすめな食材は、タウリンを多く含んでいる「イカ」です。 タウリンは中性脂肪を減らすことができる上に、動脈硬化の予防にも効果的です。 そこに野菜を一緒に入れると、食物繊維も摂取できます。 そうすることで、過剰な脂質を体の外へと排出することが可能になります。 そこでおすすめになるパスタ料理が、「イカと野菜のパスタ」です。 イカと野菜のパスタの作り方を紹介しましょう。 分量は4人分です。

イカと野菜のパスタ ポイント

イカ・赤ピーマン・黄ピーマン・アンチョビ・にんにくの茎・にんにくを用意しましょう。 赤ピーマン1/2個と黄ピーマン1/2個の種を取り除き、にんにくの茎は半分にカットします。 オリーブオイルを少し絡め、両面グリルで強火で焼いてください。 にんにくの茎は2分間、ピーマンは6分間焼きます。 ここでグリルを使用する理由は、食材の旨味をとことん引き出すためです。 焼き上がったら、それぞれを食べやすいサイズに切りましょう。 イカも同様に、オリーブオイルを少しだけ絡めてグリルで焼いてください。 片面3分間、裏をさらに3分間焼いて、軽くしょうゆをまぶしておいてください。

そして、イカを食べやすいサイズに切りましょう。 アンチョビは刻み、にんにくはつぶしておきます。 ある程度のところでタイミングを見計らって、お鍋でパスタを茹でておきましょう。 使用するパスタを全粒粉にするなどの拘りがあると良いかもしれません。 フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを入れたら弱火にします。 にんにくの香りがしてきたら、アンチョビをフライパンへ入れます。 次は野菜とイカを入れ、最後に茹であがったパスタを入れます。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識