食事の改善が大切であることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

中性脂肪を減らす食事の基本

多大なストレスを抱えている

中性脂肪が高いと診断される人の多くに、独身の男性が存在しているようです。 その理由は、不規則な食生活が挙げられるでしょう。 食事を摂る時間、外食、スーパーやコンビニなどのお弁当やお惣菜を摂っていることが多いからです。 他にもアルコールを多く摂取している、タバコを吸う、好きな時間に間食をしている、 多大なストレスを抱えているなどの理由も挙げられます。 こういったことから、独身の男性に中性脂肪の高い人が増加しているようです。 独身の男性特有ともよべる食生活と日常生活が中性脂肪を増やす要因の大きな部分を占めてしまって いるのです。

中性脂肪を減少させたいというのなら、食事の改善が大切になります。 とにかくバランスの取れた食事を心がけてください。 「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂質」、「ビタミン」、「ミネラル」、 「食物繊維」といった栄養素のバランスが大事です。 好きな食べ物を好きな時に満腹になるまで毎日食べるといった生活は、中性脂肪を高めてしまいます。

毎日決まった時間に3度の食事を摂ること

腹八分目までで食べるのを止めるというのは、中性脂肪を減らすためにはとても大切なことです。 そして食事を1食抜くといった方法はおすすめしません。 必ず1日3食、きちんと食べることが大事です。 仕事などで困難かもしれませんが、できるなら毎日決まった時間に3度の食事を摂ることを心がけましょう。

可能なら外食の際にも、魚料理を選びましょう。 一番良いのは「焼き魚定食」でして、 サバやさんまなどの青魚の焼き魚、野菜や煮物、イモ類や海藻類などが一通り揃っているような定食が理想的です。 こういった食事を基本と考えてください。 毎日は難しいでしょうから、これに近しいものを日々心がけましょう。 そうすることが中性脂肪の減少へと繋がります。 もし実行できない日があっても、常に意識をするようにしてください。 そうすることで、日々こういったメニューへと近づいていくでしょう。

高コレステロール食品はダメ

卵

「コレステロール」と「中性脂肪」の違いはわかりますか。 これらが同じようなものだと勘違いしている方が多いようです。 コレステロールと中性脂肪は同じ脂質なのですが、違う役割を持っています。 中性脂肪は、体のエネルギーの源となるものです。 エネルギーをなって余ってしまった中性脂肪が、肝臓に蓄積されます。

コレステロールは、筋肉、細胞膜を生成する時に使用されるホルモンの材料となります。 要注意なのが、コレステロール値が高くなると、中性脂肪も高くなってしまうということです。 つまりは、中性脂肪を減らすという目的があるのならば、 高コレステロール食品の摂取は避けなければなりません。 高コレステロールの食品をたくさん食べていくと、中性脂肪血症が高脂血症へと変化してしまいます。

高コレステロール食品 ポイント

高コレステロール食品を挙げますと、レバー、たらこ、シラス、ししゃも、ウニ、卵などです。 勘違いしてる方が多いのですが、魚ならば全て中性脂肪を減らしてくれるというものではありません。 わかりやすく言いますと、卵が入っているような魚は控えてください。 卵の中でも「鶏卵」が、特にコレステロール値が高い食品です。 卵1個の中には、コレステロールが約235mgも含まれています。

中性脂肪を減らすための食生活を心掛けているという方は、 卵を1日あたり1/2個までで、1週間に3回以内とする努力をしてください。 鶏卵が材料になっているケーキやプリン、シュークリーム、 ワッフルなどの洋菓子は高コレステロールなので注意してください。 マヨネーズも鶏卵を材料としているので、実はかなり高コレステロールとなっています。 調理で使用するのは、控えた方がよいでしょう。 どうしても甘い物が欲しい時は、洋菓子でなく和菓子を選びましょう。 それか、鶏卵を使用していない菓子にすると良いですね。 卵、というのは多くの方が見落としがちな食材なのですが、中性脂肪が多く、 減らした方がよい食材の代表格にもなっているのです。マヨネーズを避けるように言われるのは卵を 含んでいるからなのも理由なのです。マヨネーズは万能ですが、人によって避けたほうがいい人もいるのです。 特に中性脂肪の値が高い人は、体に負担になるケースが多々ありますので、控えめにすることをお勧めします。 薬でコントロールする手もありますが、できれば薬に頼らず治していく方がよいですよね。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識