工夫次第でカロリーを押さえることができることを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

揚げもの

大敵と言える調理法

中性脂肪の大敵と言える調理法はやはり「揚げもの」でしょう。 中性脂肪を減らすとはいえ、大好きな揚げ物料理が一切食べられないというのも、 返ってストレスが貯まるかもしれません。 それならば、調理に一工夫して中性脂肪の摂取を控えた揚げ物料理を作りましょう。 揚げものもちょっとした手間をかければ、中性脂肪を控えた食事になっていきます。

例えば、エビフライですが、エビに衣がたくさんついていると高カロリーな食事となります。 この頃もには油が多く含まれていて、中性脂肪の増加の原因となります。 ここでひと手間、ひと工夫、エビにつける衣を目の細かいものに変えてあげましょう。 目の細かい衣にしてあげるだけで、吸収される油の量が変わってきます。 目の粗いものよりも細かい方が断然少ないのです。 これで、体に吸収される油の量を減らすことができますね。

食べる時間帯にも注意

こういった工夫をすれば、たまには揚げ物を食べることも可能です。 歯ごたえの良さを好んで、目の荒いパン粉を好む方も少なくありません。 けれども、全く食べることができなくなるよりはマシでしょう。 油の吸収のことを考え、目の細かいものを買うことをお勧めします。 もっと違った工夫ですが、「コロッケ」を調理する場合、油で揚げずにフライパンで焼くということもできます。

テフロン加工されたフライパンならば、少量の油で済みますね。 揚げものとは違ったコロッケになるかもしれませんが、カロリーを考えるととても良い調理法ではないでしょうか。 問題は食べる頻度でしょう。 揚げもの系の食事は、可能ならば1週間に3回が限界です。 食べる時間帯にも注意してください。 夜に脂質を摂取すると体に脂肪として蓄積されやすいので、昼食に取るのが好ましいでしょう。

動物性脂肪

肉

動物性脂肪の過剰摂取は、中性脂肪にとって好ましくありません。 中性脂肪を減少させるための食事を考えた時、自然と動物性脂肪を減らすことに辿り着くでしょう。 では、どういった食品に動物性脂肪が多く含まれているのかしっていますか。 食事の献立や食材を選ぶ際、こういったことを意識して選ぶと良いでしょう。 これから紹介する食材を控えると、中性脂肪を減らすことに繋がります。

動物性脂肪の多い食材は、わかりやすいものですと動物性油・肉の脂身(特にロース、サーロインなどの脂身)・ ベーコン・ソーセージ・チーズなどが挙げられます。 魚は善玉コレステロールというイメージがあるので意外かもしれませんが、 うなぎやあんこうの肝、そしてトロも動物性脂肪が多く含まれています。 甘いものですと、生クリーム・アイスクリーム・チョコレートなどです。

調理に使う油は植物性のものを選ぶ ポイント

調理に使う油は、大豆油、ゴマ油、調合油、菜種油などの植物性のものを選ぶようにしましょう。 バターなどの使用は控えるようにし、酸化して古くなった油は使わないように心がけましょう。 肉の脂身は料理や食材の旨味を引き立てますが、中性脂肪が高いと言われたならば控えめにしましょう。 肉類でおすすめなのは、脂身が少ない鶏のササミなどです。 ササミの大サイズ2枚くらい(80gから100g)が、1日の適量となっています。

青魚には植物性脂肪が豊富に含まれています。 つまりは青魚を食べると、中性脂肪が肝臓で合成されるのを抑制してくれます。 そうすることで、血液中の中性脂肪も減少していきます。 外食は家庭の食事よりも脂肪分が多く含まれていることが多々あるため、要注意でしょう。 もし可能ならば、魚料理を選ぶようにしたら良いですね。 日頃の家庭の食事も、魚料理を中心にしたメニューにすることをお勧めします。 少しずつ植物性脂肪を摂取し、中性脂肪を減らしてゆきましょう。だんだんと行うことで無理なく減らすべき脂肪分を 減らしていけるようになります。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識