中性脂肪が増加するにも理由があることを知り予防につなげましょう

サイトマップ

トップバナー

中性脂肪が増える理由

中性脂肪が高いと善玉コレステロールの値は低い

中性脂肪が高いと善玉コレステロールの値は低いことが多くいるのが一般的です。 それに加え、中性脂肪がかなり高いという人は、インスリン抵抗性や糖尿病の可能性があります。 中性脂肪の増加する主な原因は暴飲暴食です。 食べすぎや飲みすぎが、体内の中性脂肪を増やしてしまうのです。 過剰摂取に注意して欲しい食べ物は、精製された炭水化物(白米、白い粉)から作られるパン、 ケーキなどのお菓子類やアルコール、清涼飲料や炭酸飲料などが挙げられます。

炭水化物よりも危険なのは過剰な飲酒

精製された炭水化物は、インスリンの急激な上昇を招きます。 これを繰り返すことによって、すい臓に多大な負担がかかります。 すい臓での急激なインスリンの生成は、肝臓が中性脂肪を血中に送り込むという結果を生みます。 けれど、炭水化物よりも危険なのは、過剰な飲酒でしょう。 お酒を飲んでいるときは、いつの間にかツマミと称した高カロリーの食事を摂っています。 それにアルコールのおかげで過食してしまうことが多くなります。 アルコールが代謝される過程で中性脂肪の生成を促進するので、飲酒が中性脂肪を最も蓄積しやすい原因といえるでしょう。

中性脂肪が高いと診断されたからといって、食事で脂肪を控えてもそんなに変わりません。 脂質は小腸で吸収されてカイロミクロンになりますが、 このカイロミクロンは食後数時間でほとんどエネルギーとなってしまうのです。 中性脂肪は糖質やアルコールによって肝臓で合成が促進されてしまうものです。 つまり、過剰な糖質とアルコールの摂取には要注意ということになります。

中性脂肪が高いとどうなる?

体調不良

血液検査によって血中の中性脂肪がどれくらいあるのかわかります。 中性脂肪の基準値は、空腹時において50から149mg/dlとされています。 もし正常値を超えていると、「中性脂肪が高い」という診断結果となります。 中性脂肪が皮下脂肪や内臓脂肪となって蓄積されると肥満となります。 肝臓に溜まると脂肪肝になります。 長期的に脂肪や糖質の多い食事を摂取していたり、大量の飲酒をしていると中性脂肪値がとても高くなってしまいます。 これが原因となってすい臓に負担がかかり、急性すい炎になる場合もあります。

高脂血症 ポイント

中性脂肪が正常値より高いと「高脂血症」と診断されます。 高脂血症は生活習慣病の一つで、血中のコレステロールや中性脂肪が多いといった病気です。 高脂血症には、コレステロールだけが多い「高コレステロール血症」と、 中性脂肪だけが多い「高中性脂肪血症」、コレステロールと中性脂肪の両方が多い 「高コレステロール高中性脂肪血症」の3タイプあります。 生活習慣を改善しないまま高脂血症を放置していると、 血液中に増加している中性脂肪やコレステロールが血管の壁にどんどんこ びりついてしまいます。 これが高血圧や動脈硬化となり、脳卒中や脳梗塞といっ た命に関わる病気へと繋がります。自覚症状がないものなので、日頃からの健康管理が非常に大切になります。 なににしてもそうですが、自覚症状がでてしまった段階はすでに手遅れの場合が多くあるのです。 ガンの可能性もあるので、精密検査まで必要とされることもあるのです。そうなると様々な検査がかぶるので人間ドッグ 位の時間も必要になってきます。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識