中性脂肪とコレステロールのバランスをとるのが大事であることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

中性脂肪とメタボリックシンドローム

内臓脂肪型肥満の人

メタボリックシンドロームはよく耳にする言葉ではないでしょうか。 簡単にいいますと、糖尿病・高血圧症・高脂血症・脳卒中・心臓病・動脈硬化などの生活習慣病に なりやすくなっている状態を指します。 メタボリックシンドロームになりやすいとされているのは、内臓脂肪型肥満の人です。 ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上ですと危険信号です。 これを一つの目安にして、もしオーバーしているようであれば、食生活などをみなおしていく必要が あります。

絶対に必要なエネルギー源

もし、中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL以下、収縮期血圧130以上、 拡張期血圧85以上、空腹時血糖値が110mg/dL以上、これらの2つ以上にあたる方は要注意と言って良いでしょう。 多くのメタボリックシンドロームの方に見られるのが、耐糖能異常や高血圧、 コレステロールと中性脂肪のバランスの乱れといった状態です。 動物性脂質の過剰摂取や運動不足が原因となって、 コレステロールや中性脂肪のコントロールができない状態が続くとよくありません。 血液中の脂質が増加することによって血液がドロドロになってしまい、 血栓ができやすくなって血管の壁が厚くなり、血流が悪くなってしまいます。 これがいわゆる、動脈硬化というものです。

中性脂肪は体にとって、絶対に必要なエネルギー源と言えます。 けれども、過剰摂取は体脂肪として蓄積されることになり、 肥満や生活習慣病を招き、大病を引き起こす原因となります。 メタボリックシンドロームは生活習慣病の危険信号ということがわかりましたでしょうか。 これを予防するためには、適度な運動とバランスの取れた食生活が一番です。 生活習慣を見直して、中性脂肪とコレステロールのバランスをとるように注意しましょう。いつも気にする のは大変ですが、習慣にすることで楽になります。

中性脂肪と脂肪肝

アルコール

肝臓は主に小腸で吸収した物質の解毒をする役割を担っています。 吸収した栄養分から中性脂肪を生成して細胞に蓄えています。 けれども、様々なことが要因となって、その脂肪が過剰に蓄積してしまう場合があります。 それが脂肪肝と呼ばれるものであり、脂肪肝に蓄積された脂肪のほとんどは中性脂肪なのです。 飲酒をした時、肝臓でアルコールを解毒する過程で中性脂肪が増加していきます。 その中性脂肪を血液中に放出するのですが、飲酒が大量だと中性脂肪の放出が産生に追いつないといったことになります。 それらが肝臓に脂肪となって蓄積されていくのです。

脂肪肝 ポイント

また、肝臓で脂肪が生成されるとき、小腸で吸収した脂肪だけでなく糖質・脂質・たんぱく質も使用されています。 つまり、それらの成分が増加すれば脂肪の産生も増加することとなります。 脂肪肝そのものは、直接健康へ影響があるわけではありません。 けれども放置することによって、肥満、糖尿病、高脂血症、痛風、動脈硬化症、高血圧へと繋がります。 脂肪肝の原因がアルコールですと、慢性肝炎から肝硬変症、更には肝臓がんにまで発展する可能性もあります。 脂肪肝は生活習慣病になりやすい状態になっていますから、心筋梗塞や動脈硬化などの心配も出て来ます。 これらの病気は命取りにもなる病気なので、それらを防止できればこれほどよい効果はありませんよね。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識