それぞれの働きは異なっていることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

中性脂肪とコレステロールの違い

それぞれの働きは異なったもの

中性脂肪とコレステロールはとても似ている意味で使われがちですが、それぞれの働きは異なったものになります。 中性脂肪はエネルギーに関係しますが、コレステロールは体を構成する役割を担っています。 中性脂肪は体に蓄えられたエネルギーであり、運動によって燃焼されます。 コレステロールは体内の細胞膜やホルモンの材料となるものでして、中性脂肪のように燃焼されることがありません。 人体は血中の糖分をエネルギー源として体を動かしていまして、糖分が不足した場合は中性脂肪が代わりに使われることになります。

中性脂肪は断熱材

中性脂肪は断熱材のような役目もあり、体温を一定に保つ働きがあります。 この断熱材のような役目は、外部からの衝撃に対するクッションにもなってくれます。 コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)が存在します。 細胞膜やホルモンを作り出す働きの悪玉コレステロールが血中に増えすぎた場合、 血管の小さな傷などにくっつき、血管を細くしてしまいます。 その結果、血管が細くなり動脈硬化や高血圧などの病気の原因となってしまいます。

善玉コレステロールは、血管についた悪玉コレステロールを取り除いてくれます。 血流を促進する働きがあるのですが、仮に血液中の中性脂肪が増加すると 善玉コレステロールの減少を招いてしまいます。 善玉コレステロールとが減少すれば、悪玉コレステロールが過剰に増加してしまうのです。 すなわち、中性脂肪の増加が動脈硬化をに繋がり促進させてしまいます。 これが「高脂血症」という病気です。 中性脂肪とコレステロールは同じ脂肪の仲間でありますし、世間では似たようなものとされていました。 これを気に、それぞれが体内で果たす役割が違うということを頭に入れておきましょう。

中性脂肪とコレステロールの関係

善玉

コレステロールは脂質でして、そのままの状態では水分に溶けてくれません。 血液に溶け込むためにはリポタンパクという粒子が必要になります。 HDLというリポタンパクに運ばれているコレステロールを 「善玉コレステロール(HDL)」といい、LDLというリポタンパクに運ばれているコレステロールを 「悪玉コレステロール(LDL)」と言っています。 血中コレステロールにはHDLとLDLの2種類があります。 LDLは過剰摂取されたり作られ過ぎてたコレステロールを運んでくれます。 そして不必要になったら血中や血管などに付着していきます。

HDL ポイント

それに対しHDLは、それらをはがして回収するといった役割があります。 HDLが善玉コレステロールと呼ばれる理由は、動脈硬化の予防に役立ってくれるからなのです。 中性脂肪が増えると、このHDLが減少してしまいます。 そして、血液の中や血管にこびりついたコレステロールがそのままの状態にになってしまうのです。 つまり、中性脂肪を増やさないことが大切になりますし、それがHDLを減らさないことに繋がります。 中性脂肪もコレステロールも共に、体内に過剰にあるのも、逆に不足しているのも身体に悪影響を及ぼします。 中性脂肪とコレステロールのバランスを保つことは、とても大切なことなのです。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識