中性脂肪の仕組みと役割についてを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

中性脂肪とは貯蔵用エネルギー

人体の皮下脂肪のほとんどは中性脂肪

中性脂肪とは、簡単に説明しますと肝臓で作られる貯蔵用エネルギーです。 中性脂肪の元になるのは糖質、炭水化物、動物性脂肪、たんぱく質、アルコールなどで、 これらを摂取すると中性脂肪が増加していきます。 そして、作られた中性脂肪は皮下脂肪や腹腔にある脂肪組織に送られて貯蓄されて行きます。 つまり、人体の皮下脂肪のほとんどは中性脂肪ということになります。

中性脂肪は水に溶けない

肥満は、この中性脂肪が皮下脂肪や腹腔に過剰に蓄積されることをいいます。 中性脂肪はエネルギー不足に備えて蓄えられます。 摂取エネルギーが少ない場合や運動などによって消費されて行きます。 他には、皮下脂肪として体温を保つ役割もあります。 中性脂肪は水に溶けない性質があり、リポタンパクの形となって血液中に運ばれます。 もし血液中に中性脂肪が増加すると、余分なコレステロールを回収するHDLが減少するので 悪玉のLDLが増加してしまいます。

高中性脂肪血症とは、血中の中性脂肪が過剰に増えた状態をいいます。 高脂血症は、中性脂肪とコレステロールのどちらかあるいは両方が過剰に増えた状態を指します。 もし中性脂肪の過剰な増加が起こると、肝臓が腫れて機能が低下してしまい、脂肪肝を引き起こす可能性があります。 中性脂肪はエネルギーとしての役割があり、皮下脂肪として体温を保つ働きもしています。 けれども、過剰になると様々な病気を引き起こす原因にもなるのです。また、様々な合併症なども 引き起こす可能性もあるので、ただの一つの病気ではすまなくなってしまうケースもあるほどです。

コレステロールとは?

老化

コレステロールは脂肪の一種です。 人体に欠かすことのできない脂質でして、体内の細胞を生成したり 副腎皮質ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンなどのステロイドホルモンの原料にもなります。 栄養素の消化吸収にも関係していて、特に脳や脊髄などの神経系や筋肉に多く含有されています。 体に必要なコレステロールの量は1日に10000~20000mgと言われています。 食べ物からの補給は300~500mg程度です。 ほとんどのコレステロールが体内で合成されたものでして、それらは肝臓で生成されています。

コレステロールの不足も危険 ポイント

コレステロールの大量摂取や運動不足が続いた場合、血中のコレステロール値が高くなります。 血中コレステロール値が高くても、自覚症状はほとんどありません。 ですが、長期間放置しておくと血管が硬くなったりもろくなってしまい、動脈硬化に繋がります。他にも、心筋梗塞や狭心症などの心疾患や脳梗塞などの脳血管疾患も引き起こしてしまいます。逆にコレステロールが不足するのもよくありません。細胞生成が上手くいかなくて細胞膜がもろくなって老化が進行しやすくなります。肝臓機能への障害の可能性もあり、コレステロールも中性脂肪と同様、適量が望ましい脂質なのです。

中性脂肪を効率的に減らす方法の基礎的知識